演劇と珈琲、本と酒。

演劇とか珈琲とか本とか酒とかについて綴られるはず。

坂口安吾『堕落論』

堕落論

無頼派文人坂口安吾による小エッセイである。30分ほどで読めてしまう。しかし、その芯の意味を解釈し、理解しようとすれば、一生をかけても味のある骨太なエッセイである。

「人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない」(本文より抜粋)

続きを読む

遊園地再生事業団『子どもたちは未来のように笑う』

遊園地再生事業団『子どもたちは未来のように笑う』

を観劇。於こまばアゴラ劇場

f:id:baseball-spirit-master:20160924071201j:image

続きを読む